2009年11月 8日 (日)

『ディズニー・シー』

ワイン仲間の女子5人でディズニー・シー遠足に行きましたPhoto_5

  

朝から晩まで13時間の滞在Photo_6

お土産を買う時間もないくらい

アトラクションもショーも

めいっぱい堪能したのですが

そちらはさておきPhoto_7

  

まず、到着後すぐにレストランの予約にPhoto_8

ランチは『マゼランズ』

ディナーは『S.S.コロンビア・ダイニング・ルーム』に決定O0020002010299279236    

  

ランチの『マゼランズ』では皆でランチコースをオーダーしました。

  

1本目の泡はクリスマスの期間限定のもので

シャルル・バイイ ロゼPhoto_9

  

912_2

  

2本目の白は

ルーチェ・デッラ・ヴィーテ

ダンザンテ・ピノグリージョ 2008

  

917

  

お断りしたのに注がれたり

注ぐ量のバランスがどう考えてもおかしかったりと

サービスの面では謎も多かったのですがPhoto_16

休みである喜びをかみしめながら昼間嗜むワインは

それだけで思わず幸せになれちゃうってもんですO0020002010288214543_2

  

それから今回初めての『バーナクル・ビルズ』で

立ち飲みの図Cahpoksn

  

38618944_2710097021_2

  

因みに私が撮影したので私は写ってませ~んPhoto_10

  

アルコールは

シードル、ホットワイン、ビールだけですが

こんなスタンディングバーが

コロンビア号のふもとにあったなんてPhoto_14

全然知らなかったので感動Photo_15 

  

ディナーのS.S.コロンビアダイニングルームでは

散々悩んだ挙句

アラカルトを1人3品づつオーダーしました2

  

922   

  

まずは1本目は南アフリカの泡ですPhoto_12

シモンシッヒ カーヴス・ヴォンケル 2006

  

こちらにはソムリエさんがいらして

『シャンパンに負けないポテンシャル』

とおっしゃっていました。

流石にそれは褒めすぎという皆の辛口評価Nomoveapp

  

927

  

次はカリフォルニアの

サイクルズ・グラディエーター

ピノノアール 2006

 
  

930

  

最後にRedwine

バルトン&ゲスティエ

サンテミリオン 2007

  

ワインのお値段はどちらのお店も

小売の2倍くらいの設定らしいですPhoto  

  

と、気がついたら閉園時間の10時Photo_20

慌ててお店を後にしたのでした3541

 

たまにはこんな遠足もいいですね035_2

今日もいっぱい笑いましたPhoto_21

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

『AROSSA』渋谷

Ca4cc1kl

  

松涛にあるグリル&ワインバー『アロッサ』へお邪魔しましたPhoto

  

西オーストラリアの

フランクランド・エステート

【アイソレーション・リッジ・シラーズ】2002

  

美味しかったからいいんですけど

分厚いワインリストから選んだ1本が前回と同じだということに

後から気付きましたPhoto_2

  

その後に

マーガレットリバーのジュニパー社のカベルネ

【ジュニパー・カベルネ・ソーヴィニョン】2000

なんとアルコール度数14.8度Photo_3

  

Caf9gldh

  

勿論好みの差はあるでしょうが

同等クラスのボルドーと比べても

見劣りのしないワインだと思いますGood

  

この日偶然にもお客様で

マーガレット・リバーのワイナリー

ヴァス・フェリックスの経営者ご夫妻がいらしたという

突然のサプライズにお店の方達は

嬉しそうに慌てていましたPhoto_4

  

Cazj2z8l

  

『バタバタしてしまったお詫びに』ということで

これまた嬉しそうにサービスして下さった

【ヤラ・イエリング ポートソーツ】2000を飲みながら

そんな様子を眺めつつ過ごせたのは

微笑ましくて楽しかったですO0020002010300476163

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

吉祥寺『クラージュ』

904

  

吉祥寺の『Courage(蔵樹)』にお邪魔しましたPhoto

  

以前一度ランチでお邪魔したことがあったのですが

この日メニューを見るまでラクトオボベジタリアン

(乳製品と卵はOKな菜食)の店という事に

気が付きませんでしたPhoto_2

  

一軒家風で雰囲気もよくてPhoto_3

食材はオーガニックPhoto_4

ワインも置いてるということだけど

‥どうかしら?

と実は少々不安もあったのですが

カウンター越しに見えたワイングラスをみてちょっと安心2

  

種類こそ多くないものの

スタッフの方のお話を伺って

ワイン選びへの情熱や

管理へのこだわりが伝わってきました035_2

  

ベジタリアンというと

野菜サラダしか食べてないと思われている方もいるようですが

そういう方が行くとこちらのお料理はきっと驚かれると思いますPhoto_5

肉や魚がなくても全く物足りなさは感じませんGood

  

和風グラタン

きのこのラザニア

の美味しいこと1788 Photo_6

  

ランチで頂いた素揚げ野菜の山椒の香りごはんも

オススメですApani4946d93011892

  

本日のワインは

テッラ・ノストラ・スーパートスカーナ 2004

  

サンジョベーゼなのにボルドーっぽさも感じる

バランスがとれて飲みやすいワインでしたPhoto_7

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

ただいま

663

  

と~っても長いブログの夏休みNomoveapp_2 

趣味やオーストラリア旅行で忙しく楽しんでいました2

  

オーストラリアのレストランには、“BYO”というシステムがありますPhoto_8

  

“Bring Your Own”、即ちお酒の持ち込みOKという意味で

看板や窓ガラスなどに『BYO』と表示してある

自分のワインを持参いいですよーGood_2

というお店が沢山あるのですPhoto_5

  

もともとお酒をサービスするライセンスの取得が厳しいことから

自由にワインを持ち込める合理的なシステムができたそう。

  

ワイン好きの私にとって嬉しくないはずありませんPhoto_6 

  

22534011

  

ちなみワインのコルクを抜くことから

“Corkage”と呼ばれるチャージ料がかかりますが

店側のグラス借り、栓を開けてもらって

店によって1人A$1~3程度でしたPhoto

  

それだけでオーストラリアに行きたくなっちゃいますPhoto_2

  

879

  

もちろんオーストラリアの魅力はそれだけじゃありませんが

毎晩、ワインは飲みましたPhoto_7

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

オイスターバー『ジャックポット』

592

    

オイスターバー『JACK POT』下北沢店へお邪魔しました2

  

本日のワインは

デキャンタのハウスワイン&

ウィリアム フェーブル シャブリ [2007]

5700円也Photo_2

    

594

    

切れ味のいい酸味と豊かなミネラル

フレッシュな柑橘系の果実味。

  

グラスがイマイチなのは残念。

定価で2,300円程度のワインなので

5,700円はちょっとお高め1788

  

それを差し引けば

牡蛎の種類はもちろんのこと

ワインの品揃えも思いのほか豊富で

スタッフの方々は明るくて感じよく

カジュアルな雰囲気でディナーを楽しめるかと思いますPhoto_4

無休なのも有難いPhoto_3

  

591

↑水ナスPhoto_8

    

パスタやピザなど

牡蛎以外のお料理も豊富Good

  

8時に予約を入れて行きましたが

到着したら満席でしたPhoto_7

予約をした方が賢明のようですPhoto_6

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«キュヴェ・クニコ